スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばれんたいん!(ばとる of くっきんぐ/2)

ただいま、べんきょうちう!(ルー)
レ・ソード:なんでうまくいかないんだろ?
ちゃんと、レシピ通りにやってるのに???



プレート:ただいま!


※ここまでのメモはありますが、
完結編のメモは未だ、管理人の頭のなk(
果たして、間に合うのか!?






キール:じゃまするわよー!


ルーとキール1

レ・ソード:あっ!おかえりなさい?

キール、何か用事?
私だったら今、手が離せないから後にして!



プレート:Σや、やっぱり、怒ってるよぅ(ガクガク

キール:大丈夫!あたしが付いているから♪

プレート:う、うん。


キール:さっきそこでばったりプレちゃんに会ってね。
聞いたらチョコ作ってるっていうから、
どんなのか気になって見に来たの。


レ・ソード:どんなのも、なにも、普通のチョコケーキよ。
ただ、チョコレートの作り方がうまくいかなくて・・・。


キール:なんだか、難しいことやってるわね。

レ・ソード:ま、いいわ。
材料もきたことだし、もう一回やってみる!









レ・ソード:えーと、まずはカカオをこうやって・・・

バキバキバキ・・・!?



プレート:Σひっ!?(ガクガクブルブル

キール:Σこ、こらー!
何平気な顔して、カカオ握りつぶしてるのよ!


レ・ソード:だって、粉砕しなきゃ使えないじゃない?

キール:だからって・・・やり方があるでしょ!



ルーとキール2

レ・ソード:え?片手じゃだめなの?
じゃあ、両手で・・・


バキバキバキ・・・!!



プレート:Σぐすっ!?(プルプルガクガク


キール:あ、あんたねぇ・・・そうじゃないでしょ!!

レ・ソード:え?じゃあ、どうやるの?


キール:なんで素手でやるのよ!
道具を使いなさい!道具を!!

だいたい素手で粉砕って、
どっかの芋虫さん家の商人さんしか
できないわよっ!!



ルーとキール3

レ・ソード:あ、あそこまで凄くないもん!
「オレがガ○ダムだ!」の
MSみたいな名前の人と一緒にしないで!!

















―部屋のすみっこ―


こ、こわいよう!(カタカタプルプル)

プレート:こ、こわいよう・・・えぐえぐ(泣)


*********************************










*********************************



キール:だいたいシロウトが
チョコから作るなんてハードルが高すぎるのよ。

あたしだって、チョコなんて作ったことないわよ。



レ・ソード:・・・だって、溶かして固めるだけ・・・ブツブツ


キール:何言われたか知らないけど、
こっちの方がずっと簡単よ?



レ・ソード:あ、あんなヤツ知らないっ!

キール:わかりやすい娘ね(








キール:とりあえず、チョコを溶かすわよ。
ルーちゃん頼んでもいいかしら?
はい、チョコレート。


レ・ソード:・・・たしか、本に「湯銭」って書いてあった。

まずは、鍋に水を張ってお湯を沸かし・・・

そこにチョコを入れて・・・



スパーン!(ハリセン)


キール:そこっ!チョコを茹でてどーするっ!!

だいたい湯銭なんだから、沸騰させちゃダメでしょ?



レ・ソード:いたた・・・じゃあ、どうするの?


キール:プレちゃん、お手本をどうぞ。


湯銭にしては鍋大きいよね?

プレート:湯銭っていうのはね、
こうやって指を入れても熱くないぬるま湯を作って、
その上に小さい鍋を浮かして、
熱で溶かす方法だよ。

火加減はずっと弱火ね。

熱くなりすぎたら、上の鍋を火から遠ざけて・・・

うん、いいかんじに溶けてきたよ♪



キール:流石ね!
プレちゃん良いお嫁さんになれるわ!

じゃ、そのままケーキも作っちゃいましょう!






小一時間後



プレート:できたー!

キール:ルーちゃんもがんばったし、
なかなかイイデキじゃない?


レ・ソード:・・・うん。

プレート:お姉ちゃん?


レ・ソード:やっぱり、私一人じゃ料理なんてできないのかな?って。


プレート:そんなことないよ!
頑張れば、ちゃんとできるようになるよ!!



キール:はぁ、様子がおかしいとは思ってたけど・・・
よかったら、お姉さんが聞いてあげるわよ?



レ・ソードカーくんに・・・って言われた。


プレート:え?


レ・ソード:バレンタインに
「ちゃんと食べられるもの」を渡してくれって言われたの!



二人:Σえっ!?


キール先生2

レ・ソード:私、もう自信がないよ。。。
やっぱり、料理なんて・・・っ!!



キール:カーくんも結構スゴイこと言うわね。。。

プレート:あのカソードがそんなこと。。。
みかえすぞー!

だ、だったら!なおさら、
がんばって美味しい物作って見返してやろうよ!



キール:そうね!
あたしも協力するから、
あのバカを見返すくらいスゴイのを作るわよっ!

んーそうね・・・
ルーちゃんの等身大チョコとか?


スパーン!


プレート:それ!
違う意味で見返されるから!!



次回へ続く!

コメント

No title

湯銭って…
温度高いままやっちゃダメなんだ!?(
沸騰してても気にしてなかったわ(´・ω・`)

あれですよ、料理は愛情
食べれるかどうかは二の次でs
ルーさん等身大ファイト!(

No title

まずは素材からか・・
気の入り用から違うね・・!
ってか手で粉砕とか・・どうやったらそんな発想が・・・ガクガク・・

ともかく次の展開を楽しみにしてますw

No title

ちょΣ
手で粉砕ってルーちゃんどんだけ握力あるの!?
チョコつくりファイトーっすよ!
次も楽しみにしてます

No title

>ラクトさん
私のイメージですよ。
ええ、イメージです(

本当にやって、チョコが溶けなくてもしりませんw


>ダレス
以前の記事で、
ルーの調理方法は「力任せ」というのがあったんで、

力だったら、素手で・・・とか思いついてしまいましt(


>るっきー
普段の彼女はそんな無茶はしないはずw

怒りで我を忘れて、
竜眼解放しながら調理した結果でs(

続きはその3で!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。