スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEMPERANCE -サイカイ-

謎の少女、北へ!
???:こちらから強い力を感じる・・・!



お待たせいたしました。
「彼らの物語」(THE LOVERS)の続きです。

※注意!
公式イベントのSSを利用しています。
しかし、公式設定とは異なる会話・設定が
なされている箇所があります。
このブログ内での設定になりますので、
十分に注意した上でご覧ください。






―その頃、ウォルフィスは・・・

ここはどこだ

ウォルフィス:くそっ!
どうやったら帰れるんだ!!






キラン!






エーヴル:マスター!
こちらの空間に接近する物体があります!


ウォルフィス:なんだって!

エーブル:安全確保及び、対象の目的の判断不能のため、
一時的にステルスシステムを作動させます。



ブゥン!シュワシュワシュワ・・・・・・。










ヒュゥゥゥゥゥン!ゴゴゴゴゴ!
ドゴン!!


ギィィィィバタン!


恐竜の森1

プレート:よっこらしょっと!
やっとついた!ここが「恐竜の森」かぁ。

えーと、博士に頼まれたのは・・・たしか・・・?


これかな?「モトニモドール」の原料のキノコは?



ガサガサ


プレート:???


ガサガサガサ


プレート:な、何かいるの?


ガサガサガサガサ


プレート:Σな、なになに!?


原始人?

ウォルフィス:やぁ!こんにちわ!


プレート:キャッ!・・・ってあれ?
ウ、ウォルフィスくん!?

こんなところで何やってるの?!



ウォルフィス:それよりもキミはどうしてここへ?
というか、ここはどこなんだい?



プレート:ここ?ここは「恐竜の森」だよ。
わたしたちがいた時代から、
ずーーーーとずーーーーと昔の世界なんだよ。

わたしは、フシギ団のパケル博士に頼まれて、
この森に生えるフシギなキノコを取りに来たの。



ウォルフィス:エーヴル聞いたか?

エーヴル:どおりでデータが一致しないはずです。


恐竜の森2

プレート:普通、タイムマシンが無ければ、
たどり着けないんだけど。
どーやってきたの?エーヴルの能力でとか?



ウォルフィス:ああ、似たようなものなんだが。。。

プレート:なんだが?

ウォルフィス:来たのはいいが、帰れなくなって困っていたんだ。

プレート:Σえぇぇぇぇぇぇ!?
ちょっと!わたしが来なかったらどうしたの?



エーヴル:・・・。

ウォルフィス:・・・はははははは。


プレート:はははは~じゃな~い!!
もう!あの後どこいったのか、すっごく心配してたんだよ!!


仕方ないなー。
わたしが乗ってきたタイムマシンで一緒に帰ろう。



ウォルフィス:・・・ごめん。


プレート:そ、そんなに落ち込まないで!
わたしだって、失敗の一つや二つはよくあr・・・あははは。
だから、気にしないで!


・・・ここは「ごめん」じゃなくて、「ありがとう」じゃないかな(ぼそぼそ


******************************************











******************************************


―ファーイーストシティ―


でかうし(博士とプレ)

プレート:只今、もどりました!
博士、材料のキノコはこれでOKですか?


パケル:おお!待っておったぞ!
本来なら、ポロンを行かせるのだが・・・最近、見かけなくてのぅ。

それよりも、このキノコがあれば、
巨大化したモーモー達を戻せる!!



ウォルフィス:何の話だい?


パケル:キミは誰じゃ?
いや、プレート君が連れているということは、
君もボウケンシャだね?

実は・・・

わしが開発したぐんぐんアメグレードなんじゃが、
強力過ぎて使用を禁止・封印していたんだが、
それを知らないフシギ団の仲間が、
ファーイースト市長に頼まれて、それを渡してしまったらしくてのぅ。

本来は植物を大きくするはずが、
何の因果か、モーモーの方が巨大化・増殖して、
夜な夜な作物を食い荒らす事態になってのぅ。

それを戻す薬「モトニモドール」の原料になるキノコを
プレート君に探してきてもらったんじゃよ。


よし!完成したぞ!
この薬を雨として降らせればモーモー達は戻るはずじゃ!



でかうし(プレと大砲)

パケル:「雨」を降らせるまでもう少し時間がかかるから、
それまで暴れまわっているモーモーを止めてくれ。



******************************************











******************************************


ウォルフィス:止める・・・といってもどうするんだい?


でかうし(うし気絶)

プレート:モーモーにはかわいそうだけど、
気絶するほどのダメージを与えると
元の小さなモーモーに戻るんだよ。

ただ、あの数を手作業でやるのはちょっと・・・ね。



ウォルフィス:なるほど。
エーヴル、やるぞ!

剣の出力を30%に設定!


エーヴル:了解!


プレート:手伝ってくれるのは嬉しいんだけど、
何をするつもり?
まさか、その剣でザックリ!とかしないよね?



エーヴル:大丈夫です。
目標の生体にダメージを与えないよう、
意識だけ刈り取ります。

それなら、一時的に気絶に追い込めます。



ウォルフィス:いくぞ!

でかうし(魔剣発動!)

―剣よ!踊れ!眠りの旋舞!!


プレート:わわっ!
一気にモーモーが小さくなった!!



パケル:あの男、何者なんじゃ?それにあの剣は???

ま、いいか。

よしっ!準備OKじゃ!

ファーイースト全域に展開するボウケンシャ!
「モトニモドールの雨」の準備ができたぞ!

「雨」の範囲は限られておるので、
モーモー達を町の中心に集めてほしいのじゃ!






ポロン:博士!準備オーケイです!

パケル:おおポロン!どこに行っておったのじゃ?

ポロン:それよりも早く「雨」を!

パケル:おお!そうじゃった!
でかうし(大砲発射!)

「モトニモドール砲」発射!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

ドォン!ヒュルルルルルルル!

バラバラバラ・・・・・・ザァァァァァァ!!






プレート:あ、雨が降ってきた。

エーヴル:モーモーの生体反応が縮小していきます。
成功のようです。


ウォルフィス:・・・吸収率80%。
なかなかのエネルギーみたいだ。
これなら・・・!



プレート:何か言った?

ウォルフィス:いや、こっちの話さ。


でかうし(旅立つもの)

プレート:ね?これからどうするの?

ウォルフィス:ふむ。どうするかな。

プレート:もし良かったら、わたしと一緒に・・・

ふあぁぁぁぁ~疲れたのかな。
ちょっと、眠くなってきた・・・よ。



ガクッ・・・すぅすぅ・・・


ポロン:プレートさん!?

ウォルフィス:おっと!(抱きとめる)

ポロンといったかい?
彼女のことを頼むよ。


ポロン:アナタはどこに行くのですか?

ウォルフィス:ボクに関わると危ない目に遭うから・・・さ。

ポロン:ダカラ・・・黙って行くとイウノデスカ?

ウォルフィス:ああ。
ボクにはやらなければならないことがある!

だから行くよ・・・ごめん、そしてありがとう。

キミの幸せを心から祈っている。

エーヴル、いくぞ!


エーヴル:了解!マスター!


プレート:むにゃむにゃ・・・ウォルフィスくん・・・


ポロン:ああ、待ってください!


******************************************










******************************************


―翌日・ファーイースト―


でかうし(翌日1)

プレート:ふわぁぁぁぁ!あれ?ここは?

ポロン:オハヨウゴザイマス!

プレート:ポロン?
あれ?わたし何やってたんだっけ?

確か・・・ファーイーストで、モーモー退治で、翡翠色の瞳の少年。。。


ああああああああ!

ねぇ!ポロン!
ウォルフィスくんは?



ポロン:昨夜のうちに、町を出て行カレマシタ。


プレート:Σな、なんで止めてくれなかったの!


ポロン:ワタシも一泊していったらドウカ?と
止めたのですが、「行くところがある」と、
眠ったプレートさんをワタシに預けて。。。



プレート:ぐすん・・・やっとゆっくりと話ができると思ったのに。。。


ポロン:プレートさんにとって彼は、
大切な方なのですか?


でかうし(翌日2)

プレート:わからない・・・でも、
でも、わたしは仲良くなりたいって思っている。



ポロン:ソウデスカ。
ソウデシタ!・・・彼が去り際に、

「また、どこかで会おう」って言ッテマシタ!


プレート:それホント?

ポロン:ええ、ダカラ、元気を出してください!

プレート:うん!



EP>>>>THE CHARIOT

コメント

No title

|дФ)じー

がんばれプレちゃん君の気持ちはきっと彼に届く
そして彼はいったい何をしようとしているのか!

No title

可愛いなプレートさん(*´ω)+
早くゆっくりお話できる仲になると良いね!

No title

>るっきー
 彼は、プレとは違うベクトルで動いているので・・・?
 
 ま、そのあたりは、
 次回以降お楽しみに!ってことで。


>ラクトキャスターさん
 可愛く見えるなら幸いです。
 
 彼との再会は果たせるのか!(次回予告風w

 中の人は、ちゃんとストーリーを回せるのか?!

 次回!「進まぬ予定」にご期待(ry

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。